脇汗の不快を減らし、夏バテ予防の良い汗

暑い夏になると、体がだるい、食欲が無いという経験はありませんでしたか?これはミネラル不足が原因かもしれません。気温の上昇で多量にをかいたことによって汗とともにミネラルが失われることに原因があるのかもしれません。

このミネラルを含んだ汗を大量にかくと、脇汗のにおいや体臭がきつくなる原因になります。さらには夏バテの原因にもなります。

汗の成分のほとんどは水分ですが、運動をしたり、夏の暑さで体温が上昇すると、体温を調節するために汗が分泌されます。その他に「ナトリウム」や「カリウム」、「鉄分」、「カルシウム」といったミネラルも含まれています。

上手に汗をかいている人は普段から適度な運動をするなどして、さらさらとした良い汗をかき、汗として出たミネラルが再び体の中へ吸収されます。

べとべととした悪い汗をかいている人は、普段あまり運動をする機会が無かったり、冷房にあたる時間が長かったりして、ミネラルが体に再吸収されずに汗をかくたびに大量のミネラルが体の外に出てします。こうしてミネラル不足に陥ってしまうのです。しかしさらさらとした良い汗をかきやすい人は、日頃から運動をするなど、よく汗をかくといわれています。その汗は小粒でさらっとした汗です。ところが、悪い汗というのは、大粒でだらだら流れてきたり、肌がベトベトするような不快な汗です。

この不快な汗はミネラルが再吸収されないために肌の上で細菌が増殖し、ベトベトや臭いの原因になります。
べとべととした悪い汗をかきミネラルが不足すると、体にはどんな影響が出るのでしょうか?

「ナトリウム」や「カリウム」は食物の消化や、筋肉、神経の調節をする働きを持つといわれています。これが不足すると、食欲不振になったり、足がつる、疲労を感じやすいといった症状が現れます。
また「鉄分」は赤血球を形成するのに必要で、酸素を全身に運ぶ働きがあります。不足すると、めまいなどを起こしやすくなります。
このような症状は夏に起こることが多く、「夏バテ」につながります。しっかりミネラルを補給して、元気に猛暑の夏を乗り切りましょう。。
| 脇汗

制汗剤は安全か?

制汗剤のオドレミンがネットや通販や薬局で品切れ状態だそうだ。

汗止め薬もいろいろと用いられています。これは体の機能,この場合には発汗機能に作用するものであり,正規の医薬品とみなされています。この薬は数時間作用し,発汗量を五割も減らします。

普通,こうした汗止め薬の有効成分は,塩化アルミニウム,塩酸ヒドロオキシアルミニウムなど,ある種のアルミニウム塩類です。こうした汗止め薬について,ルイス・S・グッドマン,アルフレッド・ギルマン共編の「病気治療の薬理的原理」(第四版)にこう記されています。「アルミニウム塩類は,感性の強い人に対してはアレルギー反応を起こすことが知られている。汗止め薬が作用するしくみは完全には知られていない。一般に一致を見ているのは,これらの作用薬がアストリンゼン[組織を収束させる特性のあるもの]であり,この作用が皮膚腺の分泌機能低下と大きく関係しているという点である」。

この本はまた,におい止めに含まれる成分で,皮膚のバクテリアの数を減らすために用いられているものが,アレルギー反応を起こさせる場合のあることをも述べています。したがって,におい止めや汗止めを使って皮膚のかぶれる人がいるなら,刺激性の少ない他の調剤を試してみることもできます。そうした調剤を使用する前にはいつでも,その部分をまず洗うべきです。洗わないで他の薬を重ねて用いると,かぶれをいっそう重くするかもしれないからです。
| 脇汗

オドレミン 踊れ民?

日本で数少ない塩化アルミニウム配合の制汗剤としてオドレミンがあります。

最近、ネットや口コミやブログで有名になっているようです。結構売れていて、品切れの薬局が多いとくか。

オドレミン("踊れ民"と覚えれば覚えやすいかも。ちなみに最初変換したときに出た言葉)の成分は塩化アルミニウムとグリセリンと水。これだけ。


注意書きは、
「用法・用量
入浴後の清潔な肌に、ビンをよくふってから、腋下など汗のかきやすい部分に適量を指先で塗布して下さい。衣類の材質・染料によっては、変色・脱色する場合がありますので、よく乾かしてから衣類を着用して下さい。顔や粘膜への使用、脱毛直後や荒れたお肌、カブレやすい方の御使用はおさけ下さい。」とのこと。


「1〜2滴を1〜2日おきくらい塗りこむだけで確実に汗の量が減ります」と使用している人は言っています。


ただ、金属アレルギーを持ってる方だとかゆみが出る場合があるので、よく振って少量づつ試してみるとよいかもとのことです。塩化アルミニウムを使用する場合は専門家の説明を受けた上で使用したほうがいいでしょう。
| 脇汗

脇汗によるしみ

脇汗が衣類にしみこんでできるしみは気になるものです。とくに夏場の薄着の衣類は目につきやすくなります。明らかに脇汗が出ていると分かる衣類についた染みはすぐにでも取り替えたくなります。脇にパットをはさんでもすぐに取り替えなければならないほど脇汗をかく場合があるかもしれません。


もし多汗症の疑いがあれば専門医に相談すると良いでしょう。多汗症(たかんしょう)とは、緊張・不安などのストレスから交感神経が狂い、体温上昇とは関係なく汗が過剰に放出される疾患のことです。 頭部・手・脇に多く見られる。とくに脇多汗症は冬でも脇汗が多量に放出されるので衣類についた汗の染みの悩みをもつことになります。


多汗症でなくても夏場の暑い季節には脇汗が大量に出やすくなります。そこで脇汗を制御する制汗剤を使うことになります。剤は多くの薬局等で販売されています。これは体の機能,この場合には発汗機能に作用するものであり,正規の医薬品とみなされています。この薬は数時間作用し,発汗量を五割も減らします。


普通,こうした汗止め薬の有効成分は,塩化アルミニウム,塩酸ヒドロオキシアルミニウムなど,ある種のアルミニウム塩類です。塩化アルミニウムの配合された制汗剤の場合は、汗腺に対し直接作用するので汗そのものに対する効果も期待できますが、日本では塩化アルミニウム配合の制汗剤は主流ではなくあまり販売されていません。
| 脇汗