脇汗による臭いを制御する

入浴だけでは脇汗から来る体臭の問題が解決されないので,なんらかのにおい止めや脇汗止め薬を使用している人も多くいます。そうした調剤は,液体,粉末,クリーム,また,転がす形式のもの,棒型のもの,スプレー式のものなど,いろんな種類があります。


香水やコローン水などは,不快なにおいをもっと気持ちのよい香りで覆う働きをします。石油から作ったクリーム状のものは体臭を吸収することがその働きです。しかしながら,におい止めを用いるだけでバクテリアは除かれません。したがって,まず入浴し,そののちこうしたにおい止めを使用するのが賢明な方法です。


実際には脇汗による強い臭いがないにも拘らず、自分の脇汗を臭いと思い込む自己臭症というのがあります。自分の脇汗は臭いと思い込み、他人に迷惑をかけ、その結果、他人に嫌われ、相手にされないと思い込んでいる症状のことです。思い込みが強いので厄介なところがありますが、信頼置ける専門医に相談することが必要です。

体臭については受け止め方は人によって千差万別です。ある人にとっては不快な体臭が別の人にはフェロモンの香に感じる場合もあるのです。
| 脇汗

体臭に対する対策

多汗症やわきがが原因で脇汗から来る体臭に悩む人が多くいますが、そうでない人でもある場合に極めて不快な体臭が発せられるのはなぜですか。それに対して何をしたらいいですか。


汗を多量にかいたままの下着を長く着ていることが強烈な体臭の原因になっていることがよくあります。普通汗そのものには匂いはありませんが、その汗を吸い取った衣類はバクテリアの働きのよって強いにおいが出てくるのです。では、このことから導かれるひとつの対策は下着の取替えをより頻繁に行なうことですね。


また、緊張したり、興奮したりするとわきの下の汗腺の機能が亢進して、にわかに体臭がでる場合があります。したがって、緊張したり、興奮して脇汗をかいた場合にはわきの下を洗うことも良いですね。


不潔も体臭の原因になります。これは入浴やシャワーを浴びることが問題の解決に役立ちます。お湯または水と石鹸でバクテリアや汗腺分解物を洗い落としましょう。石鹸は刺激性のすくないものにして、入る回数を増やして皮膚を守るようにすることもできます。


石鹸に過敏な人やアレルギーがある人は専門家に相談することができます。ある専門家はこう述べています。「患者は毎日ふろに入ってよい。ただし,石けんを使わず,入浴後に乾いたタオルで皮膚を軽くこするだけで体を十分きれいにすることができる」
| 脇汗

汗腺

汗の出る元は汗腺です。汗腺には2種類あります。ひとつはエクリン腺です。発汗の大部分はこの汗腺から起きます。もうひとつの方はアポクリン腺と呼ばれるものです。主に脇の下とか生殖器の周辺に集まっています。脇汗からくる体臭の主な原因となるのは、このアポクリン線から滲み出る物質のことです。これはセックスと関係しているようです。というのは思春期前の子供や老人は自分の脇の下の体臭に悩まされることは少ないからです。


脇汗そのものが、普通考えられていることとは逆に、必ず不快なにおいの原因となっているのではありません。不快なにおいを発するのはアポクリン汗腺からの汗をバクテリアや細菌が作用した場合です。こうして、脇汗の分解物が体臭の原因となっています。


汗を多く出すとそれだけ分解物が多くなるのでそのまま放置しておくと、人によっては周りの人たちに不快な強い体臭を発することになります。それが職場や学校などでの人間関係に影響が出るので対策を考えないといけませんよね。

| 脇汗

脇汗 体臭を消す

 
体臭は汗を流すことと関係があります。とくに脇汗と呼ばれるわきの汗によってできる体臭を気にしている人は多くいます。脇汗によってできる体臭で不必要に人に不快感を与えることは誰も望みませんが、体臭を消すことに気を遣いすぎる場合もあるようです。

体臭は異常なものではなく、むしろ好ましいものとする社会さえあるのに、広告や宣伝のために、体臭が望ましくないもの、消し去るべきものとみなされていると批判する人もいます。日本では「臭い」という言葉はいじめをするときの言葉として捉えられています。

とはいえ、脇汗からくる体臭がある場合、ある程度抑制することは望ましいということも明らかなようです。


人間である以上、私たちは常に汗をかいています。無知覚性の発汗と呼ばれる気づかずに出す汗の量は普通の人で1日約1ℓとされています。

これに対して、知覚性の発汗と呼ばれるものがあります。これは汗が出ていることが知覚される場合です。暑い時や運動したとき、興奮したり、緊張したりした時にです汗ですね。そのときの条件にもよりますが、1日で1.5ℓ、多いときは20ℓも出るときがあるそうです。
| 脇汗